Q:コンテンツファインダーのギスギスについて

A:
状況によると思うのですが、効率を重視したい方やまったり遊びたい方など、それぞれ目的がある中で、
違った目的の人とマッチングした際に、トラブルが起きやすい状況になっているのではないかと思っています。

そのため、同じ目的をもった人同士で遊べるようにしていきたいと考えています。

■パーティ募集掲示板
 シナリオ重視、まったりプレイ、効率重視などを設定し、目的を記載したパーティ募集を、掲示板ののような形で出せるようにする予定です。
 参加する側は、自分の目的にあったパーティに参加し、同じ目的をもったプレイヤー同士がパーティを組めるようにします。

■コンテンツファインダーのアップデート
 詳細は次回のレターLIVEで特集を行いますが、
 レベリングダンジョン、高レベルダンジョン、ストーリー、ギルドオーダーなど、カテゴリごとにマッチングを行えるようにします。
 また、カテゴリごとに毎日1回、アラガントームストーンを入手できるようにします。
  
■アラガントームストーンの取得方法の増加
 現状では、アラガントームストーンの取得方法が少ないことで、効率重視でプレイしたい方と、まったりプレイしたい方が重なりやすくなってしまい、
 トラブルが起きてしまっているのかと考えています。
 そこで、上記のカテゴリごとのマッチングによる入手をはじめ、高レベルダンジョンやクリスタルタワー、蛮族デイリークエスト、トレジャーハントなどでも、
 入手できるようにし、毎日こつこつ集められるようにしていく予定です。

以上により、効率重視でプレイしたい方はその方法でプレイ、まったりしたい方は毎日こつこつプレイ、といった風にすみ分けてプレイできるようになり、
トラブルも起きにくくなるかと思っています。


Q:経済状況について

A:
ギルについては、先日のパッチでギルの入手量を増加しましたので、状況をみていきたいと思っています。
もうひとつ問題なのが、ギャザラーのレベリングがレベルが高くなるにつれて大変になっていくことで、
採集する回数が増えるために、素材の流通量がかなり増加してしまっている状況になっています。

そちらについては、ハウジングで素材を大量の消費があったり、クラフターの新レシピの追加、
PvPで使用することが増えると思われる薬品や食事などで素材の消費は進むと考えています。

それにより、経済が活性化していくかと考えています

 
Q:運営状況について

A:
新生FFXIVでは、STFやGM、Lodestoneチーム、DBを扱っているチームなど、開発以外にも関わっている部門やチームが多数あります。

その中で、1つ1つは小さいもののミスが多くなっている状況です。

複数の案件が同日に実行される際に、一人の担当者が両方に関わる必要があって対応が難しい状況が生まれていたり、
スケジュールが厳しい状況という場合にはスケジュールを調整する必要がありました。

また、先日、GMが寄せられたお問い合わせに対して、ドラゴンクエストXの内容と取り違えていたものについては、
タイトル別ではなく緊急度を高いものをソートして順に対応していた結果、取り違えてしまっていた状況でした。

これらの、1つ1つは小さいミスが重なってしまい、全体としてみた場合に、運営品質が大きく問題のある状況になってしまっているため、
品質とのバランスをみて、スケジュールやフローなど、何が問題で発生しているのかを細かく確認して改善し、
お客様にご満足いただけるサービスを提供できるようにしていきます


Q:チートについて

A:
完全撲滅するために徹底的に対応していっています。
現状、世界的に月額課金のゲームが減っている中で、RMT業者としては基本無料のゲームは儲からないために、プレイヤーの皆様に大変ご好評いただいている新生FFXIVに多数のRMT業者がやってきている状況です。

今一番顕著なのは、BOTとワープです。

ワープについては、こちらが対策を入れるとRMT業者も新しい手法でやってくるという、基本的にはイタチごっこになるため、徹底対応を行います。
BOTについては、通報が寄せられた場合、即確認をしていますが、冤罪を生まないことが大事なため、慎重に調査をしています。

自動的にツールでの検出は行っていますが、RMT業者も繰り返しの動きにランダム性を入れたりするなどを行っているため、
(あまり詳細をいうと手口のヒントになってしまうために言えませんが)
しっかりと詳細なログを調べて、BOTであることを確認してから、毎日数百アカウントを取り締まりしています。

今後もSTFの人数を増やすなど、コストをかけて今後も徹底的に対応していきます。

なお、不正な外部ツールを利用して配信をしている方がいて、すでに対策済みで使えないものを、
さも今でも使えるように言っているような状況がありました。正直、営業妨害ではあります。
それをみたプレイヤーの皆様が不安になってしまうため、あまりひどいとこちらも対抗させていただくということを注意させてください。

不正ツールの動画配信は許可しておりませんので、よろしくお願いします。


 
 Q:欧州ラグ問題について

A:
欧州のフォーラムに多く寄せられている内容について、欧州のコミュニティーチームから情報がでていると思いますが、
ネットワーク機材やプロバイダなどご利用の環境の状況をさらにヒヤリングさせていただいてから、
欧州のプロバイダ様に対応のお願いをさせていただこうと考えておりますので、引き続きご協力をお願いいたします。